検診

肺がん検診について

対象年齢と受診間隔

肺がん検診は、40歳以上の方に対して、1年に1回の受診が推奨されています1)

検査項目

肺がん検診では、問診と胸部X線検査を行います。これらに加えて、喫煙中または喫煙歴がある方に対しては喀痰かくたん細胞診を行います。

胸部X線検査

肺のレントゲン検査です。

喀痰かくたん細胞診

50歳以上で、喫煙指数600以上の肺がんリスクが高い方に推奨されています2)。現在タバコを吸っていない方であっても、過去にタバコを吸っていたことがあれば検査の対象となります。朝起きたときの痰を3日間採取していただき、痰に含まれるがん細胞の有無を調べます。(喫煙指数は「1日の喫煙本数」×「喫煙年数」で計算されます。)

肺がん検診とがんの確定

肺がん検診の結果のみで、肺がんであることが確定するわけではありません。胸部X線検査、喀痰かくたん細胞診で異常あり(がんの疑い)と判定された場合は、胸部CT検査や気管支鏡検査を組み合わせた精密検査を行って、がんの有無を確認します

  • がん検診の流れについては「検診」>「がん検診とは」のページをご参照ください。
  1. 厚生労働省「がん検診」(2022年5月11日閲覧)※外部サイトに移動します
  2. 国立研究開発法人国立がん研究センター「がん情報サービス」「肺がん検診について」(2022年5月11日閲覧)※外部サイトに移動します

(公開:2022年8月)